噂のニュース

話題になっているニュースをまとめています。

    タグ:田中みな実


    田中 みな実(たなか みなみ、英語名:ミナミ・エイミー・タナカ〈Minami Amy Tanaka〉、1986年〈昭和61年〉11月23日 - )は、日本の女性タレントで、司会者、女優、フリーアナウンサーであり、元TBSテレビアナウンサーである。フラーム所属。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、埼玉県朝霞市出身。…
    49キロバイト (6,587 語) - 2024年1月23日 (火) 20:03

    (出典 p.potaufeu.asahi.com)



    1 冬月記者 ★ :2024/01/30(火) 08:26:05.92 ID:KQUBgatT9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2cc6a1988b4408612fa0221c5823a999c98bcad6

    田中みな実 石原さとみ主演ドラマの“番宣出演NG”に…亀梨和也と熱愛発覚でテレ朝が要請


     熱愛が発覚した田中と亀梨の共演で注目を集める石原の復帰作。SNS上では戸惑う声が上がるなか、宣伝活動にも制約が――。

    「1月24日に4月クールで放送される石原さとみさん(37)の主演ドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)の出演者が発表されると、たちまちSNS上で話題に。元日に熱愛が報道された田中みな実さん(37)と亀梨和也さん(37)の共演が明らかになったのです。作中で石原さんと田中さん、亀梨さんは大学時代の友人という関係だといいます」(芸能関係者)

     妊娠・出産のため女優業を休業していた石原にとって3年ぶりの連続ドラマ復帰となる。

     ’23年11月に主演が発表された際には、《4月放送なのでまだ先ですが、心を踊らせながら共に放送を待ち望んでもらえたら嬉しいです》と意気込んでいたが、予想外の事態に。

    「石原さんの子育ての時間を確保するために、’23年の夏に前倒しで『Destiny』の撮影が行われました。このときに田中さんと亀梨さんが親交を深めたと報じられたこともあり、ファンからは、《生々しくて見る気になれん》《どんな気持ちで見れば??》などの声が多数上がりました。石原さんにとって重要な復帰作ですが、話題は2人に持っていかれてしまいましたね」(前出・芸能関係者)


     ともに’86年生まれで女優として活躍している石原と田中にはある因縁が。スポーツ紙記者が明かす。

    「2人とも同じ出版社から、同じ編集者、カメラマンで写真集を出しています。’17年に出版された石原さんの写真集『encourage』の発行部数は15万部を超えましたが、’19年に発売された田中さんの写真集『Sincerely yours…』は、60万部を突破。田中さんはこの写真集で“美のカリスマ”というポジションを確立しました。超人気女優の石原さんに、局アナからフリーになり女優業を始めたばかりの田中さんが圧勝したことで、一部では共演NG疑惑が持ち上がりました」

     まさかの下剋上にあった石原。“因縁女優”との共演が実現したわけだが――。

    「石原さんの写真集も大ヒットといえる部数ですし、田中さんのものはセクシーなショットが多かったため、あまり気にしていなかったみたいですよ。撮影が始まると、同世代の俳優が集結していることもあり、すぐに2人は打ち解けたそうです。石原さんは田中さんに美容法や美容グッズについて尋ねているのだとか。田中さん直伝の美容マッサージなどを実践し、“先生”とあがめていたそうです。

    一方、’22年12月のラジオ番組で“女優業で大成功したい”と語り、’23年9月にはバラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)を卒業するなど、女優業に本腰を入れている田中さんは、石原さんの名座長っぷりに刺激を受けたといいます」(前出・スポーツ紙記者)


     テレビ朝日が出した番宣NGの要請 共演発表に際し、石原は田中に対して、コメントを寄せていた。

    《みな実さんはカリスマ的な言葉選びで空気を明るくする力があり、忘れられない唯一無二の時間を私自身に与えてくださいました》

     熱愛報道もあり、注目が集まっている『Destiny』。しかし番宣に万全の態勢で臨むことはできないようだ。

    「作品の主軸は石原さんと亀梨さんの恋愛模様です。このため、田中さんと亀梨さんの熱愛が報じられた1週間後に、制作するテレビ朝日から田中さん側に“番宣のためのテレビ番組への出演を控えてほしい”と要請があったと聞いています。

    ラブストーリーの主軸になる2人の熱愛報道ならまだしも、主演を差しおいた、実質“2番手と3番手の交際発覚”ですからね……。

    田中さんの制作発表会見への出席にも、制作側は前向きではないのだとか。会見では、ドラマそっちのけで2人の関係に注目が集まってしまうことが予想できますからね」(前出・スポーツ紙記者)

     女優休業中は、メディアにほとんど出演しなかった石原。田中のまさかの「番宣NG」は予測できなかっただろう。

    「NHKのバラエティ番組『あしたが変わるトリセツショー』でMCを務めているとはいえ、石原さんが宣伝のためにバラエティ番組に出演するのは久しぶりで、臨機応変な対応が求められます。

    もともとTBSの局アナで、独立後もバラエティ番組などで活躍してきた田中さんが番宣に出ないのは石原さんにとって、また作品にとっても痛手なのでは……」(テレビ局関係者)

     復帰作が困惑の再始動となった石原の“運命”やいかに!?

    【【芸能】田中みな実 石原さとみ主演ドラマの“番宣出演NG”に… 亀梨和也と熱愛発覚でテレ朝が要請】の続きを読む


    田中 みな実(たなか みなみ、英語名:ミナミ・エイミー・タナカ〈Minami Amy Tanaka〉、1986年〈昭和61年〉11月23日 - )は、日本の女性タレントで、司会者、女優、フリーアナウンサーであり、元TBSテレビアナウンサーである。フラーム所属。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、埼玉県朝霞市出身。…
    48キロバイト (6,540 語) - 2023年12月29日 (金) 13:51

    (出典 www.news-postseven.com)



    1 冬月記者 ★ :2024/01/06(土) 01:19:43.95 ID:nSj1qhcG9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/75f370307795272972e2f01005c5faab5c3b0ec8

    篠山紀信さん死去 田中みな実が語っていた撮影伝説「ニップレス、邪魔だから取っちゃおうか」


     日本を代表する写真家である篠山紀信さんが1月4日、東京都内の病院で亡くなった。83歳だった。

     ジョン・レノンの生前のラストアルバム『ダブル・ファンタジー』、山口百恵の『イミテイション・ゴールド』、松田聖子の『赤いスイートピー』などのジャケットのほか、宮沢りえの『Santa Fe』、樋口可南子の『Water Fruit』といった写真集など、数々の名作を世に送り出してきた。

     そんな篠山さんの「凄腕撮影テク」を、田中みな実が2018年5月30日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で明かしていた。

     田中は雑誌『UOMO』での撮影の際、ニップレスをつけていたが、ヒートアップしてきた篠山さんから「ちょっとそれ、邪魔だから取っちゃおうか」と提案された。

     田中は「(ニップレス)取ると(乳首が)見えちゃうんで」と抵抗はしたものの、巨匠の勢いに負けて、「その場で(ニップレスを)ピリッって取って、スタイリストさんに渡して」と生々しい撮影現場でのやりとりを明かしていた。

     また、筧美和子は2014年6月12日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、写真集『ヴィーナス誕生』を篠山さんに撮ってもらった際のエピソードを披露。

     篠山さんの印象を「ひとことでいうと、おばあちゃんみたいな人」と明かし、「普通はスタイリストさんが胸の形を直したりするんですけど、篠山さんは直接、直すんです。普通、男性の人にさわられたら嫌だと思うんですけど、おじいちゃんというよりおばあちゃんだったから」と、異性をまったく感じさせなかったことを明かしていた。

     また、X JAPAN・YOSHIKIは2015年8月30日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、篠山さんとの撮影で起きた「シャワーが熱くて帰った伝説」についてコメント。

    「シャワーが熱湯しか出ずに、簡単なヤケドのようになってしまって、様子をみるためにいったん帰った」と「怒って帰宅した」わけではないことを話していた。

    篠山さんの訃報に、SNSではさまざまな意見が寄せられた。

    《伝説の写真家がまた一人なくなった、とても残念だ》

    《篠山紀信さん、亡くなったんか… 天才、伝説だらけの逸話たくさんあった方でしたね》

    《篠山紀信さんといえば、意図せずにYOSHIKIさんのこの伝説をコーディネートしてしまった方でもあります。 ここまで語り継がれるとは誰も想像していなかったでしょうが》

    「篠山さんは、155万部を売り上げた宮沢さんの『Santa Fe』の撮影について、2015年7月26日放送の『ヨルタモリ』(フジテレビ系)で話しています。

    『りえママに“もう、りえちゃんも18(歳)になったんだし、ヌードでも撮っておいたほうがいいよなあ”ってね。冗談ですよ。まさか撮影できるなんて思わないから』と、宮沢さんの母、光子さん(2014年に死去)に伝えたそうです。すると『ママが“そしたら、次の連休明けかなあ”って言うの。もう、びっくりして。撮影できるんじゃん!』と、りえママから即決されたことを振り返っていました」(芸能ライター)

     篠山さんの伝説は、今後も多くの人に語り継がれていくはずだ。

    【篠山紀信さん死去 田中みな実が語っていた撮影伝説 「ニップレス、邪魔だから取っちゃおうと提案され」「巨匠の勢いに負けて取って…」】の続きを読む

    田中 みな実(たなか みなみ、1986年〈昭和61年〉11月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、司会者、女優、タレント。元TBSテレビアナウンサー 。フラーム所属。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、埼玉県朝霞市出身。 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、出身は埼玉県朝霞市。…
    48キロバイト (6,522 語) - 2023年9月2日 (土) 04:40



    「所属事務所の抗議文によると、田中みな実のデート報道は完全にでっち上げられたものだと主張されています。信頼性のある報道を追求するためにも、メディアは真実を第一に考えるべきです」

    【田中みな実の所属事務所がデート報道に声明「全くの事実無根です。厳重に抗議します」】の続きを読む

    田中 みな実(たなか みなみ、1986年〈昭和61年〉11月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、司会者、女優、タレント。元TBSテレビアナウンサー 。フラーム所属。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、埼玉県朝霞市出身。 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出生、出身は埼玉県朝霞市。…
    47キロバイト (6,464 語) - 2023年8月29日 (火) 11:24



    「田中みな実さんの個性的な鬼嫁役は、彼女のコミカルな一面を引き出してますね。なかなか結婚に踏み切れないという彼女のコメントには、共感せざるを得ません。CMを通して、笑いと共感を呼び起こすこと間違いなしです!」

    【「鬼嫁」田中みな実、au CM初登場!結婚への後悔を明かし、婚期延長へのジレンマに悩む】の続きを読む

    このページのトップヘ